対応可能なiphoneの修理の内容

iphoneが故障した時にどうすればよい?

iphoneを使っていると、突然故障することがあります。ふとしたきっかけでiphoneを地面に落としてしまい、表面のガラスが割れてしまった。ズボンのポケットにiphoneを入れっぱなしにしたまま洗濯をしてしまい、水没して電源が入らなくなったなど。また、突然電波が入らなくなるといった突発的な故障が発生することもあります。日常の生活においてiphoneが必要不可欠な機器となる中で、故障が発生したときには早めに解決をしたいと思うものです。このような故障が発生したときは外部への修理の依頼を検討しましょう。ただし、故障の内容によっては対応ができないものがあります。思わぬトラブルとならないよう、対応可能な修理内容を事前に把握しておいた方がよいでしょう。

iphoneの修理には大きく分けて2つある

iphoneの修理には、保証範囲内で対応可能なものと、保証範囲外で対応可能なものがあります。保証範囲内の修理の例として、ホームボタンや電源スイッチが通常の使用範囲の中で突然動作しなくなったなどの「自然故障」があります。この場合、1年以内であれば無料です。その一方で、iphoneの修理で最も多い「画面破損」や「水濡れ」といった場合は保証範囲外となり、有料となります。また、「消耗によるバッテリーの交換」、「バックカバーの交換」なども有料になります。保証範囲内、保証範囲外のいずれも、故障の原因を特定し、パーツの交換といった対応となります。なお有料での修理の場合、修理にかかる費用は店舗によって異なるため、事前の確認が必要です。

iphone5sの修理は修理内容にもよりますが、1万円程度で行う事ができるモノがほとんどです。買い替え以外の選択肢として、修理も検討しましょう。

© Copyright Select Repair Shops. All Rights Reserved.